プロフィール

細川哲夫(TETSU)

Author:細川哲夫(TETSU)
主な戦績
■2000年沖縄富士屋カップ準優勝
■2000年JPSAランキング4位
■2001年ALL・JAPAN PRO準優勝
■2001年JPSAランキング4位
■2002年JPSAランキング9位
■2003年JPSAランキング12位


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサー
BODYGLOVE/VELZY/HYNSON FISH/OSHMAN’S/DAKINE/TAG Heuer/Von Zipper/BIC SPORTS/ 寅一/Weider/CALLAWAY GOLF
ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


細川哲夫のサーフクリニック
http://www.hosokawatetsuo.com/
スケジュールチェック&お申込はこちら
http://www.hosokawatetsuo.com/schedule.php

悩んでますよね!
20110401115600.jpg
部原P
今朝、館山から海岸線を通って帰宅しました。海にサーファーが戻って来てます。

「今、サーフィンをするか悩んでいる皆様へ」と言うタイトルでサーフライダースファウンデーションJAPANのサイトに掲載された記事です。

◆まずは、今一度、自分自身に問いかけてみてください。
 ・本当にサーフィン、海が好きだったら、今自分のするべき行動をしっかりと考えてみる。
 ・自己責任と言っても、自分の行動は他人に影響があるということを考える。
 ・自分はサーフィンしても、他人にはすすめない。

◆その上で波乗りがしたいという結論であれば、 下記のことを注意事項とし、海へ入る時の判断の役に立ててください。
※これは海へ入ることを推奨するものでも否定するものでもありません。

 ・地震と津波の被害について考える。
 ・地震が続いてる場所では海に入らない。
 ・被災地では落ち着くまでサーフィンをしない。被災地の状況を考える。
 ・放射能について考える。
 ・モニタリングの放射線の値が大きいところには近寄らない。近くにいても長時間いない。
 ・モニタリングの結果はあくまで外部被爆。内部被爆についても知識を持つ。
 ・内部被曝は時間がかかってから身体にあらわれる。自分でリスクマネジメントする。
 ・全ての汚染は放射能にかぎらず、海に繋がっていると考える。
 ・情報について考える 。
 ・放射能の影響は専門家でも意見がわかれるということを認識する。
 ・信頼できる情報を入手する。
 ・公的機関での放射能調査の結果が出て公表さ れるのを待つ。
 ・公的機関の値も絶対ではないので、身体を守るため、値は厳しく見るようにする。
 ・調査の結果はリアルタイムではないので、絶対に安全はありえないと認識する。
 ・自分の体に聞いてみる。
 ・雨が降ったあとは、陸からいろんなものが流れてくるので、できるだけ海に入ることを控える。
 ・体調が悪いと感じるときは、海に入らない。
 ・海に入って、何か変だと思ったらすぐに上がる。
スポンサーサイト


細川哲夫のサーフクリニック
http://www.hosokawatetsuo.com/
スケジュールチェック&お申込はこちら
http://www.hosokawatetsuo.com/schedule.php

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。