プロフィール

細川哲夫(TETSU)

Author:細川哲夫(TETSU)
主な戦績
■2000年沖縄富士屋カップ準優勝
■2000年JPSAランキング4位
■2001年ALL・JAPAN PRO準優勝
■2001年JPSAランキング4位
■2002年JPSAランキング9位
■2003年JPSAランキング12位


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサー
BODYGLOVE/VELZY/HYNSON FISH/OSHMAN’S/DAKINE/TAG Heuer/Von Zipper/BIC SPORTS/ 寅一/Weider/CALLAWAY GOLF
ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


細川哲夫のサーフクリニック
http://www.hosokawatetsuo.com/
スケジュールチェック&お申込はこちら
http://www.hosokawatetsuo.com/schedule.php

やはりこの方でした。
10LQS5.jpg
今年もボンガパーキンスが優勝しました。
サイズが小ぶりとなった太東Pでケビンコネリー有利かと誰もが思っていましたが。。。
流石です。スローな波でも彼のドライブターンでスピードつけてビッグマニューバーは誰もできませんでしたからボンガのサーフィンの方が評価が高かったのでしょう。
10LQS9.jpg
波に力が無かったのにもかかわらずこのスプレーはスピードがあるからこそです。

FinalのマンオンマンはノーズVSテールで見応えあって最高でしたね。
ケビンコネリーは正にプロフェッショナルでした。
10LQS6.jpg
姿勢がサーフボードに対して直角の美しすぎるハングテン
10LQS8.jpg
そしてイナバウアーばりのハングテン
10LQS7.jpg
これもまた足の高く上がった美しいハンギング・ノーズキック

ノーズの先端で多くのバリエーションを持ちFinalで完璧に披露できるケビンコネリーはサーファーとしてシェーパーとして天才ですね。褒め過ぎかな

ASP(世界ツアー)のジャッジだとテールコントロールでの評価がどうしても高くなっちゃうのかな。。。
世界をめざしてコンペしていく方達はボンガやケコアの様なビッグターンできるように足腰を鍛え体重もアップしてトレーニングしていかないと世界では戦えないのではないでしょうか。
10LQS4.jpg
WOMENクラスではリョウベイ(丸山良子)が地元で嬉しい優勝です。
スポンサーサイト


細川哲夫のサーフクリニック
http://www.hosokawatetsuo.com/
スケジュールチェック&お申込はこちら
http://www.hosokawatetsuo.com/schedule.php

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。