プロフィール

細川哲夫(TETSU)

Author:細川哲夫(TETSU)
主な戦績
■2000年沖縄富士屋カップ準優勝
■2000年JPSAランキング4位
■2001年ALL・JAPAN PRO準優勝
■2001年JPSAランキング4位
■2002年JPSAランキング9位
■2003年JPSAランキング12位


最近の記事


最近のコメント


最近のトラックバック


月別アーカイブ


カテゴリー


ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


スポンサー
BODYGLOVE/VELZY/HYNSON FISH/OSHMAN’S/DAKINE/TAG Heuer/Von Zipper/BIC SPORTS/ 寅一/Weider/CALLAWAY GOLF
ブログ内検索


RSSフィード


リンク

このブログをリンクに追加する


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


細川哲夫のサーフクリニック
http://www.hosokawatetsuo.com/
スケジュールチェック&お申込はこちら
http://www.hosokawatetsuo.com/schedule.php

さすがマジックフット
KC.jpg
ハングテンしっぱなしのケビン・コネリー
ROUND OF 48で10点満点だしてました。
ケビンもそれにはビックリしてました。
何故かというとヒートの前半に10点出してしまうとケビンはそのヒートでもっと良いライディングした時に10点以上になってしまう事になるのです。
これには選手達も疑問に思ってました。

晃のヒートでもハングテンしてリエントリーも高さがあったのに2.65Pだったのもビックリしました。
ギャラリーもモチロン何故だろうと疑問に思ってた人達もいたようです。
ロングボードのジャッジではこの様な問題は昔からあるんですよね。
スポンサーサイト


細川哲夫のサーフクリニック
http://www.hosokawatetsuo.com/
スケジュールチェック&お申込はこちら
http://www.hosokawatetsuo.com/schedule.php

この記事に対するコメント

2.65P??? v-394
【2009/08/19 07:41】 URL | Tatsu #- [ 編集]


この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。